2012年10月25日

黒人の歴史酷すぎワロタwwwwwww

images


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:30:38.34 ID:57+E9oG+0

搾取
差別
虐殺
内戦
奴隷
連衡
のオンパレードwwww


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:31:09.25 ID:0vXkVT4/0

黒歴史だな


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:34:17.33 ID:S7n7cLEdP

うまいこと言ったつもりの>>2


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:32:27.24 ID:4yYCS0AP0

ニガい歴史


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:33:19.91 ID:/b/HH9GP0

だいたい欧州のせい




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:34:11.38 ID:fvANFJVj0

おまえらアメリカンインディアンの歴史を調べてみろ。
黒人がまだマシと思えるレベルだぞ。


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:38:42.78 ID:57+E9oG+0

>>9
コロンブスって凄い悪い人だったんですね(粉みかん

226 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2012/06/13(水) 23:32:32.15 ID:fJtBAxgo0
日本でもよく教科書や伝記漫画で冒険王として描かれるコロンブス
そういう漫画では「新大陸をみつけてみせるんだ…!」ないい感じに描かれるが
実際は「現地人を的にして遊ぼうぜ!みんな何人殺せるか競争ダー」「イェー!」とエクストリーム虐殺を楽しみ
奴隷を「虐待用にどうぞwwww」と本国に送って、なにこれあいつの趣味キモイと女王からキモがられたりしていた

でもそんなコロンブスさんの良い所は差別しないところ
本国でも詐欺働いて他人の人生めちゃくちゃにしてやったり
つれてきた白人入植者も俺の所有物だといわんばかりに鼻削いでみたり殺したりしてた


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:41:58.43 ID:4AVxUpdX0

>>20
なるほど「自分か自分じゃないか」で差別してたわけだ


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:34:49.62 ID:msPZQa+Z0

奴隷ってのが特徴的だよな
チョンを奴隷にしてたら今頃大騒ぎだろう
黒人はよく同じ国家で思想を共有出来ると思うよ
逆に白人も
もちろんまだ個人間では禍根もあるだろうけど、日本と韓国みたいな国家レベルの因縁は無い訳で、それが凄いと思うわ


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:36:36.10 ID:dwCcUzoM0

>>12
「恨」の文化は黒人文化にないからな


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:37:31.18 ID:dYVhQdOQ0

黒人を白人に売ってたのは他の黒人だけどな
コンゴあたりでは白人に売るために部族をあげて奴隷狩り遠征を行ってた


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:38:15.08 ID:8FstGtJK0

人間狩りとか許さない


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 14:41:33.69 ID:0vXkVT4/0

何百万人もの若い黒人が奴隷として売られたそうだが
もしもそういうことがなかったら近代化できてたんだろうか?


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 15:10:09.69 ID:q9D7gDnWO

15世紀ごろソンガイ王国のトンブクトゥに大学があったらしいwwww
そのころ日本は室町時代


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 15:29:55.33 ID:dYVhQdOQ0

>>30
日本にもその頃足利学校とかあったよ
ちなみに大学という言葉の元になった大学寮という教育機関は奈良時代にはあった


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:03:49.46 ID:ke63LjOj0

>>30
Europa Universalis IIで早速ソンガイ王国ではじめた


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 15:41:44.19 ID:WhE6Ycf20

まあ黒人がもし奴隷にならなかったらチートすぎるからな


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 15:52:35.74 ID:V+uznytS0

おまえらアボリジニの歴史を調べてみろ。
黒人がまだマシと思えるレベルだぞ。
なんせ純粋なアボリジニは、ほぼ絶滅させられたからな。


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:03:53.18 ID:57+E9oG+0

>>40
人間狩りしてたんだよな
オーストラリアは調べてみると色々と酷い
人間だけじゃなくて動物も滅ぼすし


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:18:10.83 ID:q9D7gDnWO

1642年オランダ人タスマンがタスマニア島に到達

1770年イギリス人クックがオーストラリア調査 領有宣言
これ以降イギリス人が入植しかし大半は囚人と貧困者
しかしゴールドラッシュを機に流刑植民地から自由移民が増加 牧羊が盛んに
発展するも原住民を虐殺タスマニア人絶滅
ゴールドラッシュときいた中国移民来襲 白豪主義になる

1893年にはニュージーランドで世界初女性参政権

1900年ごろからオーストラリアニュージーランドが自治
その後独立へ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:19:14.45 ID:dwCcUzoM0

ネイティブアメリカンの勝ち組は?


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:21:54.77 ID:q9D7gDnWO

>>48
たぶんいない


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:32:01.37 ID:q9D7gDnWO

チェロキー族の涙の旅路

白人の西部開拓により西へ西へと強制移住となる
他にもデラウェア族クリーク族セミノール族など


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:33:35.55 ID:dwCcUzoM0

モホーク族は比較的勝ち組


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 16:50:57.92 ID:aUN2NPuD0

コロンブスはヒトラーをはるかに超えてるよな


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:12:49.63 ID:q9D7gDnWO

>>56
1451年ジェノバで生まれトスカネリの地球球体説を信じスペインのイザベル女王のしえんのもとインドを西回りで目指す

1492年サン・サルバドル島に到達 インディアンを美しい体つきの善良で従順な人間だと記す
4回ほど航海したがずっとインドだとおもってた西インド諸島と名付ける

ハイチの梅毒(性病)を持ち帰る1512年に日本にも伝達

アメリカ大陸原産のものを持ち帰る(タバコトウモロコシじゃがいもサツマイモかぼちゃトマトとうがらしカカオ)

別に殺しはしてないぽい


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:16:26.13 ID:DgJ96wF70

殺しましたとか一々記録に残すかよwwww


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:23:52.37 ID:q9D7gDnWO

>>59
コロンブス自身記録しなくても他者が記録する
コンキスタドール自身は自らの行いを記録しなかっただろうが文明の破壊の様子が記録に残っている


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:20:21.06 ID:knDRW2c40

アメリカ大陸全域にいたであろう人たちが一掃されてるあたりが怖いわな


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:28:30.65 ID:q9D7gDnWO

>>61
インディアンを奴隷的に利用したことやユーラシアからの疫病で人口は100年のあいだに5%ほどに減少

スペインの良心ラスカサスによりインディアンの奴隷を禁止したが皮肉にも黒人奴隷の輸入を促す結果に


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:23:16.37 ID:H73qS5R/O

人間ってこわいんだな


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:25:34.61 ID:OlMqHDiW0

100万人はいただろう北米インディアンを数万に減らしちゃうヨーロッパ産病原菌さんマジパネエっす


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:32:19.69 ID:q9D7gDnWO

>>65
メキシコ中央部だけで2500万人いました


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:25:51.34 ID:zck17k0S0

白人様の凄いところは、自分達だけで虐殺するんじゃなくて、
更には黒人同士の民族対立を青って潰し合いまでさせるところ
アフリカ大陸は白人のゲーム会場だわ・・・


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:34:31.04 ID:q9D7gDnWO

>>66
逆にエチオピアは白人の植民地争いを利用しイタリアの侵入をフランスから武器提供をうけ独立を保った


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:37:11.52 ID:zck17k0S0

>>74
エチオピアすげー!
なんか感動したわ、白人を逆に利用するなんて


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:38:14.54 ID:6SYj5toO0

>>76
ほんの少し前までは、日本なんか屁でもない
世界最古の皇室があったんだぜ


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:27:07.18 ID:fvANFJVj0

いやコロンブス時代だけじゃなくて、
公民権運動を経て黒人の地位は曲がりなりにも向上したのに
インディアンは蚊帳の外だよ。
行政機関が、インディアンの絶滅同化政策を公式に謝罪したのは
2000年を過ぎてからだ。


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:28:22.52 ID:LymA68HX0

>>68
インディアンがどっかの島占領したりしてなかったっけ?


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:38:00.70 ID:fvANFJVj0

>>69

インディアンも公民権運動の機運に刺激されて、権利団体を作ったり
島占領したりしたけど、黒人ほどにはうまく行かなかった。

ちなみにハリウッド映画からステレオタイプな「野蛮なインディアン」の描写が消えて、
ひいては西部劇が衰退するきっかけになったのは、公民権運動家でもあった
マーロンブランドがきっかけと言われてるな。


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:31:40.79 ID:oqa3k1e/O

インディアンって縄文人と同祖なんだってな
インディアンが日本に来たら良い


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:38:33.43 ID:q9D7gDnWO

>>71
日本人がインディアンにそっくりだったため蔑視の姿勢がつよまった


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:42:11.34 ID:oqa3k1e/O

>>79
おい、まじかよ
単純にイエローモンキーと思ってるだけかと


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:59:12.88 ID:knDRW2c40

>>81
アメリカでも昔から住んでて絶滅してないって人、日本人そっくりというか
日本人が移民したのかなって思うくらいそのまんま


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:40:48.67 ID:dYVhQdOQ0

コロンブスは虐殺しまくってるし記録にも残ってるよ

コロンブスと同行したバルトロメ・デ・ラス・カサスの日記

「一人でもインディアンが森にいたら、すぐに一隊を編成し、それを追いました。
スペイン人が彼らを見つけたときはいつも、柵囲いのなかの羊のように、情け容赦なく彼らを虐殺しました。
『残虐である』ということは、スペイン人にとって当たり前の規則であって、それは『単に残虐なだけ』なのです。
しかしそのように途方もなく残虐な、とにかく苛烈な取り扱いは、インディアンに対しては、自分たちを人間だとか、
その一部だなどと金輪際思わせないよう、それを防ぐ方法になるでしょう。」

「そういうわけで、彼らはインディアンたちの手を切り落として、
それが皮一枚でぶらぶらしているままにするでしょう、そして、『ほら行け、そして酋長に報告して来い』と言って送り返すのです。
彼らは刀の切れ味と男ぶりを試すため、捕虜のインディアンの首を斬り落とし、または胴体を真っ二つに切断し、
賭けの場としました。彼らは、捕えた酋長を火炙りにしたり、絞首刑にしました。」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:56:03.61 ID:q9D7gDnWO

>>80
コロンブスは4回ほど航海していますが1回目は3隻90名で出発し帰りは1隻40名で帰ってきました

ビタミン不足の壊血病のなかそんな余裕あったんでしょうか
ポカホンタスの話もあり当初は協調があったはず

スペインの貴族ピサロとコルテスは残虐を尽くしたのでそちらでは?


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:02:19.42 ID:sglPIofB0

>>88
サンタマリア号が座礁したから
基地作って隊員置いてきただけだけど


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:11:55.59 ID:q9D7gDnWO

>>90
手元の資料にはそういった記述見つからないのですがそうなんですか


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:43:23.69 ID:/VB1mpK10

黄金の国ジャパンwwwwwwwwwww


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 17:56:24.18 ID:TPxPTv4X0

おまえらアイヌの歴史についても触れろよ自国の恥だぞ
宴会開いてだまし討ちとか武士クソすぎる


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:02:22.05 ID:oqa3k1e/O

アイヌってまだ差別されてんの?


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:05:17.18 ID:6SYj5toO0

>>91
多分露骨な差別は現代では少なくなったろうけど
歴史が歴史だもんなぁ
そういう意識無しに向こうの文化とか交流したいし、そこはこっちがやった歴史とか直視した方がいいけど
変な団体がネタにしたりしてんだろうなぁ・・・


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:16:25.71 ID:oqa3k1e/O

>>92
その通りだな
沖縄もそうだけど日本本土とはちょっと違う文化は興味深い
アイヌ部落沖縄に差別意識なんかないのに
それを利用する奴は恥を知れと言いたい


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:09:55.42 ID:zck17k0S0

ジョセフ・コンラッドの「闇の奥」おもしれー


109:モモンガ姐さん ◆SExu3trtkaYx :2012/10/24(水) 18:21:34.91 ID:DPpmi5d3O

まあ戦国時代の先祖が凄まじい強さだったし同族売るクズはごく少数だからよかったが
へたすりゃ日本人も奴隷にされたんだろ?


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:31:57.01 ID:nMutfGuq0

>>109
秀吉が奴隷売買禁止するまでは日本人もかなり売られてたはずだよ

だれかの航海日誌に東南アジアに売られて働かされてる
日本人の多さと扱いにビックりしたみたいなのあったよね


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:46:00.01 ID:YoJql2va0

黒人って白人に発見されるまではどんな歴史を作ってたの?


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:01:19.13 ID:q9D7gDnWO

>>131
ガーナ王国カネムボルヌー王国ムノモタパ王国アクスム王国コンゴ王国etc…

東海岸ではスワヒリ語の文化圏が形成され金の交易をしていたりダウ船にのってアラビア半島にいったり神学を研究したりしてますね…

地域によってはずっと狩猟採集の生活の人もいたでしょうが


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:48:21.77 ID:L+R8XApoO

いや国が作った資料がまず改ざんだらけだろ普通は


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:02:40.97 ID:q9D7gDnWO

>>133

韓国じゃあるまいし日本もそういう行為やってるんですか?


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:49:13.98 ID:pvWM1tBa0

そりゃどんな国も自国に不都合な情報は書かないだろ


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:04:27.77 ID:q9D7gDnWO

>>134
スペインとかイタリアの教科書じゃないですよwww


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:50:52.37 ID:OlMqHDiW0

どんだけポンコツな教科書使ってるんだよ


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:05:41.56 ID:q9D7gDnWO

>>137
文部科学省が検定済みの表記を許したポンコツの教科書ですf^_^;


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 18:56:15.53 ID:DgJ96wF70

キリスト教に騙される形で連れて行かれてそれっきり
外国で奴隷労働って事案が多数発生して
こりゃいかんと奴隷売買禁止と鎖国と禁教令を幕府で行った。
その前例があり黒船来航時にも難色を示しまくりペリーが
「スペインの野郎余計なことしやがって・・・」と憤慨したり
敵を知り、己を知れば~の要領でナメられないようにしてたら
そのうち明治維新が起こって産業革命が起こって
アジアで相当早く列強入りしちゃったよー
みたいな感じの歴史になってる。
って今考えたんだけど


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:04:09.42 ID:oqa3k1e/O

>>145
日本はとことん運がいいよな
キリシタンによる人身売買の前置き無く
踏み絵とかの歴史を教えるのは好きじゃないが


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:02:13.12 ID:DgJ96wF70

キモヲタの歴史
宮崎勉が幼女誘拐殺を起こす
家宅捜索で多数のビデオ発見、異常さが浮き彫りに。
東海林のり子に「ここに10万人の宮崎が居ます」発言を受ける
ここらへんからすべてが始まった


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:04:38.13 ID:r2gGPB3g0

そろそろ黒人の時代が来てもいいと思う


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:19:52.43 ID:VaJtpiNs0

>>153
次の世界大戦の後の世界は黒人の時代だと思われるwww


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:07:01.96 ID:oCtAt8110

歴史が正しいかどうかなんて誰にもわからんので正しい歴史などない


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:12:40.62 ID:DYYo8flT0

しゃかりきコロンブスって怖い歌詞だったんだなwwwwww


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:14:46.27 ID:DgJ96wF70

中国のように焚書と破壊で侵略先の文明リセットって歴史が通常だから
歴史は残りにくい、あとは痕跡から推察するしか無いのが普通。
データが豊富に残ってる日本がおかしいっていうかもう江戸時代とかの時点で
遺跡発見してそれを調べてデータに残したりしてる、頭おかしい。


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:35:07.14 ID:jSRsRX670

なんか工房がファビョリ出してワロタ


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:43:29.20 ID:q9D7gDnWO

教科書に書いてあるから意味がある

あなたは何を読んでたんですか?

それだけお答えいただければいいんですよw
わざわざ長い文章かいていただかなくてもw


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:47:32.46 ID:dYVhQdOQ0

>>180
「インディアスの破壊についての簡潔な報告」
わかったか?


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:50:18.39 ID:q9D7gDnWO

>>182
そんなもんもってんのかよwwwwwwwww歴史オタ?www



じゃあ確実だわ


でも結局2ちゃんだから意味ないけどw


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:55:10.54 ID:dYVhQdOQ0

>>183
わかった自分で見なけりゃわからないんだな
じゃあこれの70ページを見なさい
これはインディアスの破壊についての簡潔な報告ではないが
それを引用しながら書いたアメリカ大陸における虐殺の本

70ページにはっきりと
コロンブスの軍が5万のインディアンを殺害したこと書かれてるだろ?
高校英語でもわかるはずだ


http://books.google.co.jp/books?id=RzFsODcGjfcC&printsec=frontcover&hl=ja#v=onepage&q&f=false


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 19:54:50.36 ID:kJ6qC51e0

>>182
ワロタwwwwwwww

マニアックすぎる資料wwwwww
絶対トマスペインのコモンセンスと儒林外史とか読んでるだろお前wwwwwww


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 20:53:40.54 ID:H6LXHGhw0

>>186
マニアックでもなんでもないぞ
岩波文庫で手に入るレベルでマニアックとかお前
歴史学専攻だったら日本語(現代語)に訳されてない史料を使ったりするのが普通だぞ


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 20:56:03.50 ID:zck17k0S0

>>196
>キリスト教と文明の名の下に新世界へ馬を駆って乗込んだ征服者=スペイン人たち。1542年に書かれたこの『簡潔な報告』は、
>搾取とインディオ殺戮が日常化している植民地の実態を暴露し、西欧による地理上の諸発見の内実を告発するとともに、
>この告発によって当時の西欧におけるユマニスト精神潮流の存在を証している。

面白そうだわ


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 20:58:28.19 ID:OEawpcMz0

コロンブスの原住民に対する供述

私がインディアに到着するとすぐに、彼ら原住民(アラワク族インディアン)たちに私に差し出さなければならないものがこの品々の中にあるのかどうか教え込むために、私は力ずくで原住民の何人かを連行した。

彼らは武器を持たないばかりかそれを知らない。私が彼らに刀を見せたところ、無知な彼らは刃を触って怪我をした。彼らは鉄を全く持っていない。彼らの槍は草の茎で作られている。
彼らはいい身体つきをしており、見栄えもよく均整がとれている。彼らは素晴らしい奴隷になるだろう。50人の男達と共に、私は彼らすべてを征服し、思うままに何でもさせることができた。

原住民たちは所有に関する概念が希薄であり、彼らの持っているものを『欲しい』といえば彼らは決して『いいえ』と言わない。
逆に彼らは『みんなのものだよ』と申し出るのだ。彼らは何を聞いてもオウム返しにするだけだ。彼らには宗教というものがなく、たやすくキリスト教徒になれるだろう。
我々の言葉と神を教え込むために、私は原住民を6人ばかり連行した。

鬼畜すなあwwwwwwwwwww


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/24(水) 21:01:01.51 ID:p9AwFj3Z0

探究心や知識欲とかある方がおかしいwwwwwキモいwwwwwww
っていう悲しい風潮がなぜかあるよね

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351056638/


imuhoteppu at 22:43│Comments(1)TrackBack(0)歴史 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2013年05月29日 01:05
黒人→奴隷
黄色→殺す

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

アクセスランキング